高精度段付シャフトの角部R形状の設計変更によるコストダウン

医療機器・半導体製造装置・ロボット・各種産業機器に圧倒的な実績 産業用精密シャフト・ピン製作.com 磯貝製作所コーポレートサイト
お気軽にご連絡ください!
0544-58-3738
  • home
  • 選ばれる理由
  • お問い合わせ
  • 運営会社
  • サイトマップ
φ32L2200までの高精度・小径長尺・異形状シャフトを受託加工 技術相談・お見積り

特注品カテゴリ

特注ストレート
シャフト

一覧を見る

特注ピン

一覧を見る

多段付シャフト

一覧を見る

異形状シャフト

一覧を見る

偏芯シャフト

一覧を見る

ロッド棒削りだし部品

一覧を見る

その他

一覧を見る
見積・注文・相談
産業用精密シャフト・ピン製作.com お見積もり・ご注文の流れ
メールでのお見積・ご注文お問い合わせはコチラ
お客様からよくお問い合わせ頂くFAQ
2020年 06月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
             
2020年 07月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
             

お気軽にお問い合わせください。

TEL:0544-58-3738 tokyo@isogai-ss.co.jp
プライバシーポリシー
HOME>>高精度段付シャフトの角部R形状の設計変更によるコストダウン

高精度段付シャフトの角部R形状の設計変更によるコストダウン

Before

高精度段付シャフト部品において、上図にはR形状部分にR1.0の指示が入っています。
一般に高精度段付シャフト部品の角部分は旋盤のチップのRに応じたR形状がつくため、R1.0の角部を作るためには工具をR1.0に応じた工具をつけて加工する必要があり、納期とコストが増大してしまいます。
↓

After

高精度段付シャフト部品において、角部分のR形状をたとえば、R0.4として設計変更することで、納期短縮と加工コスト削減を実現が可能です。
高精度シャフト部品の角部分を工具に合わせてR0.4として設計することで切削工具交換の工数が減るため、納期短縮と加工コスト削減を実現することができます。
高精度段付シャフト部品の設計において、角部分の形状を設計変更することで納期短縮とコストダウンを実現することができます。
旋削加工における高精度段付シャフトの角部分の加工は形状を作り出すために、小さなR形状のチップを用いる必要があります。
設計変更により角部分のR形状を大きくすることで。大きなR形状のチップを用いた効率的な加工が可能になります。
精密ピン・シャフトに関してお気軽にお問合せください! お問合せご相談 資料請求
見積・注文・相談
産業用精密シャフト・ピン製作.com お見積もりご注文の流れ
メールでのお見積・ご注文お問い合わせはコチラ
お客様からよくお問合せ頂くFAQ
2020年 06月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
             
2020年 07月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
             
技術ハンドブック無料 先着100名様限定プレゼント中
ページトップへ