精密ピン・シャフトのVA/VEのポイントについて解説

医療機器・半導体製造装置・ロボット・各種産業機器に圧倒的な実績 産業用精密シャフト・ピン製作.com 磯貝製作所コーポレートサイト
お気軽にご連絡ください!
0544-58-3738
  • home
  • 選ばれる理由
  • お問い合わせ
  • 運営会社
  • サイトマップ
φ32L2200までの高精度・小径長尺・異形状シャフトを受託加工 技術相談・お見積り

特注品カテゴリ

特注ストレート
シャフト

一覧を見る

特注ピン

一覧を見る

多段付シャフト

一覧を見る

異形状シャフト

一覧を見る

偏芯シャフト

一覧を見る

ロッド棒削りだし部品

一覧を見る

その他

一覧を見る
見積・注文・相談
産業用精密シャフト・ピン製作.com お見積もり・ご注文の流れ
メールでのお見積・ご注文お問い合わせはコチラ
お客様からよくお問い合わせ頂くFAQ
2020年 09月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
             
2020年 10月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
             

お気軽にお問い合わせください。

TEL:0544-58-3738 tokyo@isogai-ss.co.jp
プライバシーポリシー
HOME>>精密シャフト・ピンのVA・VE設計

精密シャフト・ピンのVA・VE設計

精密ピン・シャフト部品におけるVAVE設計とは

通常、新しい製品を作るためのコストは、あらかじめその製品設計の企画段階で決められています。
従って製品はそのコストの中で設計されなければなりません。そのためには設計者は加工についての知識を持ち、もっとも適した設計をする必要があります。

例えばある機能を実現する設計案は普通何通りか考えられますが、その中の1つの案では部品の寸法を±1μmに抑えなければならない、設計案Aがあったとします。現状ではこれを実現する加工が難しく、全体のコストに収まりません。

その逆に、部品の寸法を±30μmまでに抑えた設計案Cは、下記の図のように加工コストを抑えられているものの、必要な機能を満たさないため採用することができません。

そのため設計者はコストと機能性の両方の条件を満たす、設計案Bを考える必要がありますが、加工のことを設計者が知っていれば、精度要求と加工コストのバランスを量り、このケースで言えば、最適な設計案Bを選ぶことができます。

このような設計段階からのコストダウンを追及する取組みをVA/VEと呼びますが、これには加工の知識が必要不可欠なのです。

 

精密ピン・シャフト設計における加工方法の選択のイメージ

設計案
精度要求(例) ±1μm ±5μm ±30μm
得られる機能
加工コスト

 

精密ピン・シャフトに関してお気軽にお問合せください! お問合せご相談 資料請求
見積・注文・相談
産業用精密シャフト・ピン製作.com お見積もりご注文の流れ
メールでのお見積・ご注文お問い合わせはコチラ
お客様からよくお問合せ頂くFAQ
2020年 09月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
             
2020年 10月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
             
技術ハンドブック無料 先着100名様限定プレゼント中
ページトップへ