産業用 精密シャフト・ピン製作.comの産業機械向け ピストン圧入ピンの製作事例

医療機器・半導体製造装置・ロボット・各種産業機器に圧倒的な実績 産業用精密シャフト・ピン製作.com 磯貝製作所コーポレートサイト
お気軽にご連絡ください!
0544-58-3738
  • home
  • 選ばれる理由
  • お問い合わせ
  • 運営会社
  • サイトマップ
φ32L2200までの高精度・小径長尺・異形状シャフトを受託加工 技術相談・お見積り

特注品カテゴリ

特注ストレート
シャフト

一覧を見る

特注ピン

一覧を見る

多段付シャフト

一覧を見る

異形状シャフト

一覧を見る

偏芯シャフト

一覧を見る

ロッド棒削りだし部品

一覧を見る

その他

一覧を見る
見積・注文・相談
産業用精密シャフト・ピン製作.com お見積もり・ご注文の流れ
メールでのお見積・ご注文お問い合わせはコチラ
お客様からよくお問い合わせ頂くFAQ
2020年 02月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
 
             
2020年 03月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

お気軽にお問い合わせください。

TEL:0544-58-3738 tokyo@isogai-ss.co.jp
プライバシーポリシー
HOME>>一覧>>産業機械向け ピストン圧入ピン
名称 産業機械向け ピストン圧入ピン
材質 SUS304
寸法 φ3×2.85 幅1mm×φ1.8溝有
制度 つば厚 0.4mm(0~+0.05) 軸径公差φ2(+0.01~+0.02)
特徴 この圧入ピンに用いられているSUS304は、SUS303に比べ加工しにくい面はありますが一般的に延性および靭性に富み、深絞り、曲げ加工などの冷間加工性が良好で溶接性も優れています。
さらに耐食性も優れ低温、高温における性質も優秀であるため、ピン材料として高温になる産業機械等に用いられることが多くあります。

このピストン用圧入ピンは全長が2.85mm最大軸径φ3と小さく、つば厚が0.4と薄く公差も0~+0.05と厳しく設定されていて角部にはR0.2が指示されています。
通常加工では圧入ピンの0.4mmのつば部分が湾曲してしまう恐れがあるため、加工方法、加工順序、適正な刃物、加工条件の選定が必要になります。
また圧入ピンの角部のR0.2の形状は顕微鏡にて確認して製作、検査を行っています。

SUS304という難削材に加え、大変小さく公差も厳しい精密圧入ピン製品ですが、長年精密部品を製作してきたノウハウを活かし、安定した精度を保ち、バー材からの連続加工によりコストダウンの要求に応えることができます。
また設計段階でご相談いただければ、要求仕様等に応じて、材質をSUS304→SUS303等に変更する材料提案等をさせて頂くことによる、コストダウンの実現等が可能です。
ぜひ産業用 精密シャフト・ピン製作.comご相談ください。
ロット・価格・納期
ロット
価格
納期
精密ピン・シャフトに関してお気軽にお問合せください! お問合せご相談 資料請求
見積・注文・相談
産業用精密シャフト・ピン製作.com お見積もりご注文の流れ
メールでのお見積・ご注文お問い合わせはコチラ
お客様からよくお問合せ頂くFAQ
2020年 02月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
 
             
2020年 03月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
技術ハンドブック無料 先着100名様限定プレゼント中
ページトップへ