産業用 精密シャフト・ピン製作.comの電動工具用 ソレノイドピン製作事例です。

医療機器・半導体製造装置・ロボット・各種産業機器に圧倒的な実績 産業用精密シャフト・ピン製作.com 磯貝製作所コーポレートサイト
お気軽にご連絡ください!
0544-58-3738
  • home
  • 選ばれる理由
  • お問い合わせ
  • 運営会社
  • サイトマップ
φ32L2200までの高精度・小径長尺・異形状シャフトを受託加工 技術相談・お見積り

特注品カテゴリ

特注ストレート
シャフト

一覧を見る

特注ピン

一覧を見る

多段付シャフト

一覧を見る

異形状シャフト

一覧を見る

偏芯シャフト

一覧を見る

ロッド棒削りだし部品

一覧を見る

その他

一覧を見る
見積・注文・相談
産業用精密シャフト・ピン製作.com お見積もり・ご注文の流れ
メールでのお見積・ご注文お問い合わせはコチラ
お客様からよくお問い合わせ頂くFAQ
2020年 09月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
             
2020年 10月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
             

お気軽にお問い合わせください。

TEL:0544-58-3738 tokyo@isogai-ss.co.jp
プライバシーポリシー
HOME>>一覧>>電動工具用 ソレノイドピン
名称 電動工具用 ソレノイドピン
材質 SUS303
寸法 Φ10×ℓ24  Φ8.1(中心穴) Φ3.3(クロス穴) 幅1.7長さ10.5スリワリ 
制度 ±0.1 JIS一般
特徴 このソレノイドピンは、Φ10軸端面にΦ8.1中心穴が開けられており、クロス方向からは、Φ3.3の穴が貫通しています。
さらに端面方向からは、幅1.7㎜長サ9.7㎜にわたりスリワリ加工が、施されています。
反対側のΦ6.0軸は、角度45°に蓮切り形状に加工することを指示されています。

ハス切り加工をする際、通常のツールセットでは、ワークを固定するチャックと工具が干渉してしまう為、適正な刃長よりも
長く刃物をシフトさせなければ、ならないので、加工時にビビりが発生しないように条件を設定します。

このようなソレノイドピンを加工する際、自動盤とマシニングセンターによる加工が一般的ですが、シチズン製の複合自動盤
にて、丸棒から、1工程で全加工、量産、無人運転に工法変換することにより、従来より60~77%のコストダウンに成功することができました。


このソレノイドピンに使われているSUS303は被削性、耐焼付性を向上させたステンレス鋼材で自動盤用やボルト、ナット用途として使われます。
SUS304に比べて切削をはじめとした加工がしやすい材料です。


ロット・価格・納期
ロット
価格
納期
精密ピン・シャフトに関してお気軽にお問合せください! お問合せご相談 資料請求
見積・注文・相談
産業用精密シャフト・ピン製作.com お見積もりご注文の流れ
メールでのお見積・ご注文お問い合わせはコチラ
お客様からよくお問合せ頂くFAQ
2020年 09月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
             
2020年 10月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
             
技術ハンドブック無料 先着100名様限定プレゼント中
ページトップへ